田中安茂先生指導のもと市川市を拠点に活動している混声合唱団です。
2022/01/15 練習日記

今日は今年初の田中先生の指導で、Alleluiaと君のそばで会おうを練習しました。
人数は多くないですが、その分1人1人の技術や発声などが練習を重ねるごとによくなっている気がします。
コロナが落ち着いて休団されている方が次第に戻ってきてくてらすごくいい音楽になる予感がしてきました。

Bass Y

2022/1/8 練習日記

新年、明けましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願いします。

本日は合唱団ノアの歌い初めであり、
団指揮さんの下で
「Alleluia」「君のそばで会おう」を練習しました。

2022年最初の練習は、
約3週間の休み明けということで
音楽の表現云々の前に
声を戻すところからのスタートとなりました。

発声練習では「声がもやもやしてる」
「声が集まっていない」といった
鳴りや当たりの弱さの指摘が繰り返しあり、
曲の練習の際も同様の指摘がありました。

その一方で
「声は出てきたが、
流れがぶつぶつと途切れてしまっている」
といった指摘もあり、息の流し方など、
発声面の意識において
忘れてしまったことの多さを痛感しました。

しかし、団員それぞれが修整を重ねていき、
練習の最後には団指揮さんより
「昨年の終わりよりも良いんじゃないか」
との好評価を頂くことができました。
歌い初め、気持ち良く終わることができました。

加えて、嬉しいことに、
テノールの村杉さんが
約2年ぶりに復団されました!
相変わらずの丁寧な歌い方で
どこか懐かしさと安心感を覚えました。

最後に少しだけ。
様々な社会情勢や環境の変化もあり、
今年もどのような年になるのか、
全くの不透明な状況にあります。
合唱団ノアの中でも
様々な変化が起こり続いています。
発声の進化、練習頻度の変化、
新たな仲間の入団もありました。
学生が社会人になり、
おじさんがおじいさんになりました。

しかし、今年も変わらず
合唱団ノアは、合唱団ノアであり続け、
音楽の楽しさを追い求めます。
田中先生は今年も
好き勝手に暴れ回ることでしょう。

長くなってしまいましたが、
改めて、今年もよろしくお願い致します!
難しくも面白い音楽の世界を、
離れていても一緒に、
様々な形で、楽しんでいきましょう! 

Bass 木原

2021/12/18 練習日記

本日は年内の最後の練習でした。
田中先生のご指導でした。
「鷗」「夢みたものは」を練習しました。
移動ドでの階名練習、母音唱など様々な方法で行いました。また、主旋律のパートを全員で歌ったりもしました。
 田中先生からは
・高音の時は弦を細くするイメージで歌う
・共鳴させながら他の音とピシッと合わせる
・主に吸気発声で歌う
・歌詞の中で漫然と声を出して歌うのではな く、吸い取るように歌う部分やしっかりと出す部分を意識して歌う
などの指摘をして頂きました。
また、本日の練習曲「鷗」「夢みたものは」の作詞者それぞれのエピソードや、曲の背景、
歌詞の意味なども紹介して頂きました。
この2曲はノアの愛唱歌として練習しているため本日の練習でより曲への理解を深められたと思います。
 2021年も残りわずかとなり、あっという間だなと感じます。昨年からのコロナ禍で思うように練習が出来ず、演奏会も中止になるなど苦しい場面が続いていますが、団として定期演奏会という目標に向かって努力を怠らず、新年からも気持ちを引き締め、1回ごとの練習を行なっていきたいと思います。1年間お疲れ様でした。
 良いお年をお迎えください!

Bass 波賀野

2021/12/11 練習日記

今回は先週に引き続き「Ave maria」と「強い感情が僕を襲った」の練習をしました。人数は少なかったですが、その分一人一人の声がよく聞こえて声量も十分に出ていたと思います。どちらも音程やリズムを掴むのは難しい曲ですが、上手く歌えると非常に楽しむことができました。私事ですが、最近はアルトのパートを務めさせて頂いています。その上で地声からファルセット、裏声などを使い分けて歌うように意識しています。音程感覚などはまだまだ掴むのは難しく、発声も未熟ですが、これからも成長していけるように頑張っていきます。
男声 吉田

2021/12/4 練習日記

12月初めの練習は
Ave maria 、強い感情が僕を襲った の二曲でした。

練習では短調で音を取る慣れないことをしました。
学んだことは次に活かして自分のものにしていきましょう!
演奏会が無くモチベーションが上がらないかもしれませんが次のステージに向けて頑張りましょう!

T2 笠原