田中安茂先生指導のもと市川市を拠点に活動している混声合唱団です。
2022/10/22 練習日記

Jo mi sonはベースのメリスマ部分を中心に練習しました。
32章節からのSon giovinett’ anch’ io部分は賢さ30がキーワードだそうです(かっこよく歌おうとし過ぎない)。
42章節からのメリスマは、拍感(裏拍)がよくなく、特に16部音符のところで走っており、かつ高音域が薄くなりがちだそうなので、高音にビビらず落ち着いて流していけるといいかと思いました。
等圧線は、歌詞の雄大さもあってか、だんだん遅くなる癖がついているようなので、拍節的にならないよう気を付けつつ、今一度テンポを確認して歌えるといいかと思います。
アルトは他パートの音が聴けて面白いはず(特に等圧線の最後)とのことなので、観客に鳥肌を立たせられるよう最後の動きができるとよいとのことでした。
女声は田中先生のレッスンのおかげもあってか、最近調子が上がってきている感じがします。
男声は息漏れしたり、こもった声になったりしているそうです。こもった声にならないようにと声を前に出そうとすれば息が漏れ、息が漏れないようにと後頭部に意識を持たせ過ぎるとこもった声になるかと思います。矛盾しているようで難しい課題ですが、基本に立ち返って、姿勢や腹式呼吸といった声の出し方以外の部分がちゃんとできているか確認するといいかもしれません。
テノールは我が道を往くパートとのことなので、ご自身の声に自信を持って歌えるといいのかと思います。
ベースは音が下がっているとか、声が足りないと言われて迷走中ですが、色々考えすぎて声帯をうまく鳴らせていないかと思いますので、賢さ30くらいでとりあえず声帯を鳴らすことを意識できれば、自ずと課題は解決していくかなと思いました。
だんだん寒くなってきましたので、皆さん体調には気を付けてお過ごしください。
長文失礼しました。
石原

2022/10/15 練習日記

練習曲:「等圧線」「Jo mi son giovinetta」

本日は自主練習。
団指揮・山口さんの指導でした。

今回はストローを口に加え、
口から息が漏れた「落ちた声」にならないよう、
意識しながら歌う練習が中心でした。
これにより、普段どれほど口から声を発しているか、
自覚し、見直すきっかけができました。

また、
女声への指導が表現に関するものが多くなる一方で、
男声は声量、音程の指導中心に留まっていることに
一男声として悔しさを覚えました。

この日記を見ている男声諸君、
参考演奏も、練習音源も用意して下さってある。
こんなにありがたいことはないんです。
当たり前と思っちゃいけない。お互い頑張ろうぜ!

最後に、練習中にお答えできなかった
「等圧線」の「海」の解釈について、
現段階の私なりのものを書かせて頂きます。

あの「海」と重ね合わせているここでの「海」は、
入学・入団、就職、結婚など、その逆も然り、
誰もが人生において一度は経験する
「大きな決断」ではないかと私は思いました。

「みんな」が経験するものだけど、
これは「わたし」のものなんだ、と。

その中には、幸せなもの、
苦しいもの、様々なものがあるでしょう。
自分一人では手に負えないような
ぐしゃぐしゃした感情を味わう時もあるでしょう。
でも、いつかは自分で決断を下さなければならない。
それが、以前の私から
その先の私への「船出」なのではないでしょうか。

大変長くなりましたが、
ここ最近、気温の上下が激しい気がします。
くれぐれも体調には気をつけましょう。

Bass 木原

2022/10/01 練習日記

今日は来月の市川市民合唱祭で演奏する「Jo mi son giovinetta」と「等圧線」の練習をしました。
また、女声は田中先生の個人レッスンがスタートしました
本番まであと6回、よかったことできなかったこと学んだこと感じたこと1つ1つを大切にしていい演奏ができるようにしていきましょう

2022/9/17 練習日記

練習曲「等圧線」「Io mi son giovenetta」
田中先生のご指導のもと11月の市民合唱祭に向けてこちらの二曲、練習を行いました
前回に比べて音程及び声の出し方はよくなったと感じましたがまだまだノアの皆さんなら成長できると思いました
ヨミソンに関しては言葉の発音やテンポが少し早めの曲なので感覚を掴むのに少将手こずりますが合唱祭に向け一回一回の練習を大事にしていきたいと思います
等圧線は言葉やハモリの部分で各パートをしっかり聞きながら練習に取り組みたいと思います

B. 佐藤

2022/9/10 練習日記

練習曲 「等圧線」「Io mi son giovenetta」
今回は田中先生のご指導の下、11月の市民合唱祭での演奏曲であるこちらの二曲の練習を行いました。等圧線の方は同じ箇所をくりかえし歌い続ける練習になりました。私が中学の時の合唱部ではよく今回のような練習をしていたのを覚えています。特にコンクールなどでは最初の一声で結果が決まってしまうこともあるので、出だしはかなり歌い込みました。同じ箇所を繰り返し歌い続ける良さとして、発声や音程の面などで曲に対する技術を上げれる他、各フレーズにあった表現を歌いながら自分で考えれる所が良いと思いました。
二曲目のIo mi son giovenettaは全体の通しから部分的な練習をしました。個人的にはついていくのがやっとでしたが、今回の合わせで曲の感覚を掴めたので自身を持ってやっていきたいです。本番まで残すところ約2ヶ月になりますが、より演奏の質を上げていくためにも今回のようにくりかえし歌い込む練習は必要になってくると思います。毎回の練習をしっかりと楽しみながら頑張っていきましょう。
Ten 吉田