田中安茂先生指導のもと市川市を拠点に活動している混声合唱団です。
9/15(土)練習日記

今日はお兄さん団指揮による自主連だった。練習曲は公民館祭の演奏曲「ぜんぶここに」から初曲「ぜんぶ」と終曲「大きい木」の2曲。相澤直人の曲は難しい音楽表現もあり、3年前定演で演奏したがもう忘れてしまった者も多く、各パートに全く歌ったことの無い初見のメンバーもいる、どんな練習になるか少し心配だった。ところがである・・・なんかすごくいい感じ・・・1か月前同じ状況で「やわらかな想い」を練習した時と明らかに違っていた。なにが違ったか?
先ずソプがシッカリ声を出していた。トップ・セカンドの声量・ピッチもバッチリでビブラートの深度・速度が揃えば完璧だった!アルトも若干音程に不安ある箇所があったがこの曲集で一番難しい「大きい木」にもしっかり食らいついてきた!テナーは少数精鋭ながら音に不安もなくシッカリ存在感を示していた!ベースに至っては歌い方に余裕すら感じられた!これはどうしたことか?
各パートのメンバーに今までにない「やらんかな」の意気を感じたが、それだけではあるまい。かつて苦労して練習して得た技術・技量を個人レベルのみならず団(パート)として継承してゆく!いわゆる練習成果の継続性が出来つつあるのではないか?こんな感じの練習がいつもきちんと出来れば、ノアはとんでもなく良い合唱をする団になってしまうかも知れない!すえ恐ろしいことだ? Y

わすれなぐさ Vergiβmeinnicht

田中先生 初ご指導の
Wilhelm Arent 詩
上田敏 訳
信長貴富 作曲
「わすれなぐさ」
「Vergiβmeinnicht」

薄水色の 薄紫の 小さな花。固まりになって咲くあの花。
ドイツの古い伝説により名付けられたという。

わざわざ語るのも 苦しいが…
ドナウ川岸辺に咲くこの花を 恋人に贈ろうとして 誤って川に落ち 流され死んでしまったルドルフ。
流される時 恋人に呼びかけた言葉が
Vergiβmeinnicht

kueβt es
くちづけし
Vergiβt es
わすれゆく

触れ合っても
離れて行ってしまう

運命のドラマと 切ない想いが 曲のあちこちに 散りばめられ 思い出のように 夢のように 現実であり

曲は 伝説の始まりの古から 現実の我が身へと
時代も景色も折り重なって そこに現れる。素敵な曲✨
次の田中先生の色づけが 楽しみです♪

2018/9/8練習日記

2018年9月8日
食欲の秋━━ 読書の秋━━ そして…音楽の秋ですね。 テノールの伊藤です。
この日は『くちびるに歌を』から『わすれなぐさ』、『白い雲』、『くちびるに歌を』の3曲を練習しました。
特に『わすれなぐさ』では、女声と男声とピアノの拍感がそれぞれ違うので皆苦戦しました。
どの曲もステキで、パート間でのハーモニーを聞く余裕を、いつも以上に早く身に付けたいなと思った1日でした。
それにしても…いつもと違って先生にテノールだけで歌う機会を与えてもらえるとは思わなかったです。 ヒヨって自分の持てる力を出し切れなかったのが悔しいです。
音取りはもちろん、発声を見直す機会ということで日々精進していきます。 T 伊藤

楽譜:信長貴富 混声合唱とピアノのための くちびるに歌を

2018/9/1 練習日記

9月1日は信長貴富作曲「混声合唱とピアノのための くちびるに歌を」の第2曲「わすれなぐさ」の音取りでした。

田中先生不在。各パートに分かれて、わすれなぐさ初の音取り練習をしました。

拍子が4/6・4/5・4/4・4/5・4/6・4/8・2/3・2/4・4/6と目まぐるしく変わります。

その中で、アルト下は同音を8小節延ばす箇所が有り、拍子を数えるのに必死。気を抜くと

どこを歌っているのか分からなくなってしまいます。他、3連符の拍はやっぱり難しくて・・・

慣れる迄繰り返し練習あるのみです。A

8/25練習日記

25日(土)の練習は、田中先生がいらして
やわらかな想いを中心に 白い雲もやりました
手を口元にかざして、息が常に当たっているのを確かめながら 発声するよう指導されました。
やっと音取りができたかなという状態に 音が下がらないよう発声に気をつけて歌うのは大変で 疲れます
が 厳しい指導は やれば出来ると思うからで…😅
頑張りましょう❗ S