田中安茂先生指導のもと市川市を拠点に活動している混声合唱団です。
2021/5/8 練習日記

5月連休後の自主練習でした。
会場妙典駅近くのさくらコートホール。
女声3、男声8。かろうじて混声4部を維持。
合唱祭で歌う予定の「終わりのない歌」「EUGE CAELI」を音の確認も含めて階名で練習しました。
千葉県のまんぼう重点措置の期限延長により5月末まで公民館の夜間利用停止。合唱祭もあやしくなってきました。ワクチンの接種が広まり、感染が早く治ることを祈っております。

宮本

2021/5/1 練習日記

場所:行徳文化ホールI&I大会議室
時間:18:00~20:000
練習曲・①Euge Caeli②終わりのない歌

コロナの影響で更に参加者が少なく、女声4名、男声8名。
今日の発声のポイントは「オットセイの張力、口で母音を作るのではなく、オットセイのアインザッツで張力をそのまま使い、ビブラートを意識する」「張力を使いアインザッツで発声する」こと。

難しい。これができると楽に発声できるらしいが、力が入ってしまう。すかさず「喉に力が入る人はリップロールをすると治る(年配者は頬の筋肉が緩むので手で頬を押さえてやると良い)」と先生。
数小節をリップロールで練習。

課題山積。練習に励め、と再認識した次第です。

sop.米本

2021/4/17 練習日記

練習曲
・Euge Caeli
・終わりのない歌
・君のそばで会おう
ビブラートを意識して歌うこと、テナーを中心に「オットセイの鳴き声」と称する発声テクニック等を御指導頂きました。
遠距離介護があり休団していた私は久しぶりに参加しました。
団員用HP内の音源と楽譜を通勤電車内や昼休みに見ていたからか、練習中グングンと曲が体に入っていく感触あり、譜面から目を離しつつ指揮についていくことができました。
歌うことに真摯に向き合う大切さを改めて認識した3時間でした。
コロナ禍に加え団員毎に生活環境が異なり皆が揃うのは難しいですが、各々の状況に応じた練習方法など工夫できる時期と思います。
Sop.長島

2021/4/10 練習日記

(海神公民館) 18:00〜 

会場設置 〜18:10 体操、発声 〜18:50 終わりのない歌 〜20:05 Eeuge Caeli 〜20:35 世界に一つだけの花 〜20:45 片付け、撤収 今日はパートごとの音の確認や他パートとのハーモニーチェックを重点した練習でした。 団指揮の言う通り、まず音楽をする為の土台が大事だと思いました。それはどこの合唱団も一緒の事で練習していなかったからこそ初心に帰るべきだと思います。発声ができて音取りができて合わせができて音楽ができる。正直、まだ音取りから合わせの中間の段階です。 パートの人数が集まらず不安になる気持ちも理解できます。頼りにしていた人がいなかったり隣が違うパートだったり。環境が変わったとともに一気に責任を感じてプレッシャーになる。それは自分も含めて練習をして来なかったことに原因があると思います。 毎日がベストですが、楽譜を見る日を練習日だけでなく他の日も見ると効果的だと思います。すると自分の出来ていないところや勘違いしていたところに気がつきます(もちろん、パート音源を聴いて)。それを練習日以外で克服するとパートが1人でも自信を持って歌えて、集まった際に充実した練習ができると思います。 合唱祭までまだ時間はあります。 頑張って行きましょう! Ten2 笠原

2021/4/3 練習日記

2021.4.3      全日警にて(18:00~21:00) B3 T4 A2 S4  出席 合唱祭で歌うEUGE CAELI ・終わりのない歌を練習しました。

・一音ずつアインザッツを意識する

・首の後ろで口を開ける感覚でおでこに向けて声を出す

・高音は広げす閉めていく

3ヶ月間歌から遠ざかっていた私は、声が出なくて苦痛でした。 先生のおっしゃることが全然出来なくて・・・ 今更ながら ハーモニーを楽しむには、それなりの練習が必要な事を再認識しました。 これから少しずつ練習しようと反省しています。
緊急事態宣言解除にはなりましたが、諸事情で休団される方が増えてとても寂しいです。 皆さんの復帰をお待ちしています。                                           

アルト T