田中安茂先生指導のもと市川市を拠点に活動している混声合唱団です。
2019/5/11 練習日記

千葉県合唱祭、そして定期演奏会へ向け前進すべくやってきた、令和最初の練習日。本日は、普段よりも練習開始時刻を前倒しして、16時から4時間近く定期演奏会の演出の確認・通し練習を行い、その後の時間で、木下牧子「光と風をつれて」より「雨」、バッハの「O Haupt voll Blut und Wunden」の練習を行いました。

定期演奏会の演出の確認・通し練習では、細かな動作から演出自体の有無まで、多くの団員から幅広い意見が飛び交いました。意見を表明することは大切ですが1人ではなく「団」ですから、各々の意見の押し付け合いのような形になってしまった点は、反省すべきと考えます。出入りや配役等の変更点に関しては、欠席者は各自で出席者へ確認するよう、お願いします。演出の有無に関しては、賛否両論あると思いますが、演出係さんが多くの試行錯誤をして出来上がった台本であり、団員個人の意見のみでは結論は出せないと感じます。しかし残り1ヶ月ですので今回のように話し合いの時間は割けないと思いますので、その点は演出係や技術系の方々で話し合って頂ければと感じます。何よりも、私たちは合唱団。「歌」「音楽」が第一ですので、それぞれの曲を自分のものに出来るよう、私自身もそうですが、定期演奏会までの残り1ヶ月、日々精進して参りましょう。
「雨」では、3種類の移動ドで階名で歌う、という高度な練習を行いました。すると、それまで下がりがちであった音程が、徐々に良くなっていくのがひしひしと感じられました。また、「この場面はこのパートだ」「このフレーズはこう歌うんだ」などといったことを1人1人が考える、音楽としての実力を持つ必要性も感じました。
「O Haupt voll Blut und Wunden」では、音の強弱云々ではなく、優しさを持って歌うよう田中先生から指摘を受けました。その点は合唱団ノアの団員は皆、愛に満ち溢れていますから、問題ないでしょう。あとは「大事にする言葉とそれ以外の言葉の扱い方」「フェルマータは余韻。フェードアウトするように。しかし前半と後半では意味合いは変わる」といったことを指導されました。
今回のロング練習で指導を受けたのは2曲。まだまだ、千葉県合唱祭・定期演奏会に向けて、練習すべき曲は沢山あります。私たちの演奏を聴きに足を運んで下さる方々へ、合唱団ノアの音楽を伝えるために、やるべきことはあるはずです。さあ、頑張っていきましょう。
Bass 木原

お問い合わせ

お問い合わせサイトはメンテナンス中です。

お問い合わせはkimura@chornoah.comまでお願いします。

2019/4/20 練習日記

本日の練習は、ぜんぶ・大きい木の2曲。 さくらももこさんの詩の世界に相沢直人さんの音楽観がマッチしたとても素晴らしい曲。 そして今日の練習で一番多くの時間を使ったのが、この曲の持つ音律作り。 一言でドレミファソラシドといっても、色々ありますよね。 「はじまり」や「くちびるにうたを」とはまったく色が違います。 もちろん、今日やった二曲でも違います。 平均律で正しい音を出すのではなく、この曲の持つ音律をみんなで共有しながら演奏できたら、音楽ってとっても楽しい。
その練習の一つとして、みんなでこの曲のドレミファソラシドをやったり、「ド~」を伸ばしている人と、その中で「ドレミファ~」と動く人でこの曲の音律感を共有しました。 結果、優しく包み込むような温かいハーモニーを感じることができたんじゃないかなと。 今後も曲練習に入る前にみんなでやり続けるともっといろんな発見があると思いますよ。 (いろんな曲のドレミファソラシドは一時期自主練でやってたときもあるんですが、覚えてました??)
他にもいろいろあって、書き始めると止まらなくなるので我慢しますが、最後にちょっとだけ感想を。 「ソプラノのYさんの声が以前に増してきれい溶け込んでいるな」とか、「アルトがパートリーダーを中心に、みんなでいい一体感ができているな」とか、個人的に久々の練習だったので、いろんな発見がありました。 自分も含めですが、テナーの皆さん、声帯を意識しながら、もっと頑張りましょう!! (テナー T)

合唱団MORZ定期演奏会案内

田中先生から紹介です。チケット預かっています。合唱団ノアでも演奏した「水のいのち」や今度演奏する「くちびるに歌を」が演目にあります。

2019/4/13 練習日記

今日はさくらももこ「言わない」とバッハのコラールを練習しました。

少し油断をしただけで口だけの声になってしまうので、いつでも声帯を引っ張れるよう癖を付けなければ、と思いました。

また、いつも自分の声の出し方にばかり意識が向いてしまって他パートを聴けていないことが多かったのですが、パートごちゃ混ぜになって歌ってみると和音を感じながら歌うことが出来て、「頭の後ろに響かせる」「声帯を引っ張る」ことの大切さが少し分かった気がしました。

職場で1人の時、こっそり声帯筋トレします!

アルト I