田中安茂先生指導のもと市川市を拠点に活動している混声合唱団です。
田中安茂還暦記念演奏会

2018年4月8日(日)

12:30開場 13:00開演 入場無料

市川市文化会館 大ホール

1st NHKコンクール課題曲

家族  ほか

2st 高田三郎 作曲  高野喜久雄 作詞

混声合唱組曲 水のいのち より

3st さだまさし 作詞・作曲   鈴木憲夫 編曲

男声合唱曲集「関白宣言」より

4st 三善晃 作曲  高田敏子 作詞

合唱組曲 五つの童画 より

三善晃 作曲  宗左近 作詞

交聲詩 海

 

数年前から構想を練ってまいりました田中先生の還暦記念演奏会も いよいよ3ヶ月をきりました。
歴代の教え子たち、田中先生指揮する各合唱団合同の練習も始まります。
先生にご縁のある方、過去にご縁のあった方、先生のファンの方々、多くの方にお集まり頂き お祝いの演奏会を成功させたいと思います❗
観客として 歌い手として ぜひお集まりください(^-^)

市川市合唱祭

今の時代は なのか… 自分を表現する場が少ない。笑い、涙、葛藤、人には いろいろな思いがあるはず。

たとえば中学校では 年に一度の合唱祭のみ。
誰でも ここにいる自分の存在を誰かに伝えたい 必死な思いがある。それを 表現できるって素敵なこと 大事なこと。だから 皆 ここにいる。皆 忙しいはずなのに ノアに集まる。

演奏は「風見鳥」と「あいたくて」
本番の田中先生の指揮は 指揮なのか 演技なのか? 願い? 祈り? のような…
冷静に楽譜を追えたけれど ページをめくるのも ためらわれるような 張り詰めた、空気を動かしてはいけない瞬間もあり…
楽しい演奏ができました♪♪♪

 打ち上げはお好み焼き〜

若者は食べる、むかし若者だった大人は飲む… 幹事さんは大変です〜(^_^;)

市川市合唱祭に出演します♪

11月12日(日)
市川文化会館大ホール

ノアの演奏は 15:20〜
★三善晃「五つの童画」より「風見鳥」
★木下牧子「光と風をつれて」より「あいたくて」

ノアの演奏に先立ちまして
13:50〜 合唱講習会に参加したメンバーによるステージがあります。
三善晃「唱歌の四季」
指揮 田中安茂先生

最近の合唱団ノアは 田中先生を中心とする?万有引力に引っ張られながら…
また エーリヒ フロムの愛について 語り合いながら… 良い時間を過ごしております✨

ロング練習

7/29(土)は暑い中 昼から夜まで6時間半のロング練習。

2ヶ月近くかけて 音取りをしてきた「交聲詩 海」を田中先生に みていただきました。
音取りのパート練習は まるで広い海に放り出されたように途方もなく 挫けそうになるところ ピアニストの先生に助けて頂き 晴れて♪この日のレッスンに備えることができました。
こんな壮大な曲にチャレンジできる幸せを感じます。

「海」に続いて「五つの童画」にも入りました。数年前の定期演奏会で演奏したことのあるメンバーがたくさんおり これからどんどん面白くなっていく予感がします。

「交聲詩 海」「五つの童画」は 来年 田中先生の記念演奏会で演奏します。
三善ざんまいの 生き生きとした田中先生レッスン、麻薬のようで?楽しかったです♪

6/4(日)千葉県合唱祭

田中先生指揮する合唱団、市川五中・市川男声合唱団・合唱団ノアと揃ったこの日、偶然にも 先生の教え子たちのいる学校、先生にご縁のある団体も揃いました。
県船、市松、幕総、千葉女、ARMONICA、南行徳中も。
田中先生の蒔いた種が芽を出し 花開き それぞれが活躍の場を広げています。歌を通じて人の繋がりが広がっています。

ノアは35人で出演。新入団で初ステージを迎えたのが6人。本番後のお疲れ様会には31名が出席の盛会となりました。
新入団員の感想が面白かったので ご紹介します。
★合唱部時代は合唱なんてキライだったのに 卒業したら歌うところがなくなって急に寂しくなってしまいました。
★学校で歌うところがなく ノアで歌えて発散できます。
★高校合唱部はキツかったけれど ノアはやさしくて良かった。
★譜めくりが上手くいかず パニックになってしまいました。自分のことで精一杯でした。田中先生の振らない指揮で入るなんて みなさん すごい。みなさんに合わせるだけでした。

そう、前日練習と当日リハも違う。本番 何が出てくるのやら… 指揮から目が離せないので 楽譜は持ってもお守りです。
頼りになるメンバーが増えて 次のステージを目指して頑張ります‼