田中安茂先生指導のもと市川市を拠点に活動している混声合唱団です。
2024/6/15 練習日記

 今日は、田中先生ご指導の下、『嫁ぐ日は近づき』『かどで』『O primavera』を練習しました。

 前回から田中先生が仰っていた、「組曲『嫁ぐ娘に』全体に共通するどっしりとした重みは、三善氏作曲の幾重にも重なった音のハーモニーだけでなく、戦争を経験した高田氏が詩に込めた、娘のハレの日を祝うことができる平和な世界の存続への祈りにも由来する」という解釈がようやく腑に落ち、この壮大で美しい曲たちを自分が納得できるように歌いたいと感じました。本番はおそらく比較的少人数になるため、前述のハーモニーを表現するために、バランスを考え臨機応変に別パートの補助もできるよう準備しておこうと思います。

 『O primavera』は「嫁ぐ娘に」と異なり、響鳴させた明るく軽やかな声を心がけ、切り替えて歌えるようにしたいです。定期演奏会からしばらく触れていなかったため、他2曲に気を取られ過ぎず、こちらもよく復習しておこうと思いました。

ソプラノ海老原